わたしが嫁に行くまでの記録

貞操観念が狂ってる女の婚活と色恋記録

無題

お久しぶりです。

日記を書かなくなって早いもので、一年が経とうとしているとは。
とは言え、今年も後一ヶ月足らずで終わり。

自分の整理と、この日記をスタート時から読んでくれていた方達への報告も兼ねて、記事を書くことにしました。

今年の6月初旬に、恋人が他界しました。
最後まで傍にいられて良かったと思います。
後悔した事は、嫌がられても、もっと写真なり動画なりを録っておけば良かったなと思いました。
彼がいよいよという時に、今からでも撮ればいいじゃないかと言われたのですが、もう元気なあなたは二度と撮れないでしょ、と言い、二人でおお泣きした事もありました。

一人になって、自分が今まで彼に救われ、愛されていたのか実感しています。
もうあんな風に愛してくれて、また自分も愛せる人は現れないんじゃないかと思うくらい、大事な人でした。

彼がいなくなって、悲しい思いも少ししました。結局わたしは彼に守られていただけなんだな、という事を身を持って知りました。

悲しんでばかりもいられないので、先月から婚活のような事も始めましたが、如何せん全く上手くいきません。
わたしの運命の糸は天国の彼に繋がってるから、下界の人とはもう駄目かも、などと弱気な事を思う始末です。

結婚して子どもが出来たらお墓に会いに来てよ。生前彼が言ってました。
彼のお願いでもあるので、わたしはわたしの家族を作りたいと思ってます。
けれど、本当は彼とずっと一緒にいたかった。五年間は短かったけど、わたしに色んな事を与えてくれた人でした。

彼のためにも、わたしは幸せにならなきゃいけないな、と思うのですが、なかなか上手くいきません。ちょっと休み休みです。

でも頑張ります。
なんだかとりとめのない報告になってしまってすみません。

ここは色んな方と交流できた場所だから、これからもたまに書き込みしたいと思ってます。

では、また。

りさ