わたしが嫁に行くまでの記録

貞操観念が狂ってる女の婚活と色恋記録

円周率のような関係 2

円周率のような関係 1 の続き

 

 

言葉でなら、なんとでも言えるタイプの人間がいる。

男は饒舌になって、女はその場を取り繕うために適当にあしらう。

 

実際思ってもいないことを口に出すのは居心地が悪い。

感情に直結する言葉なら、なおさらだ。

 

わたしはセックスの時に、好きだとか愛してるとかはあまり言わない。

恐らくだけど、割と冷静なんだと思う。

本当に我を忘れられるのは、精神的に追いつめられた時だけだ。

 

”ごめんね、実は結婚してるんだ”

 

カミングアウトをした男は、その後自分の正体を明かしてくれた。

職業、職場、家族構成に至まで、細かく。

なにか不安な事はないか?とまで聞いてきた。

 

”病気にさえならなければ、不安なんて特に無いよ”

 

わたしはそう答えた。

 

 

"甘えていいよ、むしろいっぱい甘えてよ"

"好きって言ってよ、俺の名前呼んでよ"

"愛してる "

 

 

セックスの最中に繰り返し聞こえてきた言葉だ。

この場合のこれらの言葉は、言葉以上の意味をなさない。

セックスを美味しくするための調味料だ。 

身体は反応してるのに、心は全く動かない。

この男と、樋口と、あの男の子と、一体何が違うんだろう。

 

 

「ねぇ、俺とその男の子とさ、どっちが気持ちいい?」

「・・・・・林くん」

「うそつくなよ」

 

うん、ごめんね、きっと嘘だね。

気持ちいいのは本当なんだけど。

なんだろう、ぞくぞくしてるんだけど、

何かが全然物足りない。

心を舐められる感覚が、無い。

 

でも、大丈夫、わたし達は ほぼ割り切れてる。

きっと うまくやれる気がするの。