わたしが嫁に行くまでの記録

貞操観念が狂ってる女の婚活と色恋記録

わたし、結婚に向いてないわけじゃなくて、避けてるんです

セックスの内容が良いと、相手の事を好きかもしれないと錯覚してしまう。
実際は好きなんだろうけど、わたしの今までの好きって、どこか刹那的な印象で、見方を変えれば無責任だった。

終わりの見えてる恋愛しかしていない気がする。
都合の良い関係、いつか終わる関係、責任を問われない関係。
そんな内容ばかりが増えている。

何かから逃げてるんだろうか。
初めてのことに挑むことはすごく苦手だ。
仕事面においては、腰が重いが、恋愛においては強者だと友人が言っていたが、それは違うと思った。

わたしが恋愛だと思っていたあれらは、主従関係に近かったような気がする。
自分の主を作るか、従を作るか。
そういう類いの恋愛のようなものを好んだ。
そう考えると、わたしが都合の良い関係になることに馴れているのも納得できた。
主従関係は、対等な関係よりも、楽なんだろう。
わたしはもちろん、主ではなく、従の立場だった。


結婚する人と主従関係では、やっていけないだろう。
対等な関係の方が良い気がした。

わたしが結婚に向かう恋愛ができないのは、向かないんじゃなくて、避けてるだけかもしれない。